BOWWOW  
〜ちょっとワン言〜
ワンコと一緒に暮らしている飼い主さんのほとんどが「ウチのコのこの○○のところがかわいい」とつい自慢したくなる“愛しさのこだわり”をお持ちだと思います
・・遅〜くやってきた秋空の中、そんなワンオーナーの親バカをくすぐる催し物に出くわしました。
        

                         

台風一過とはいえまだその余波のせいか、すっきりとは晴れない10月の曇り空の土曜日。 私たちはインテックス大阪で行われている“ペット博”へと車を走らせていました。

様々な食品・グッズ、そしてワンコ・ニャンコをはじめペットの販売、しつけ教室、よろず相談コーナーと年々ペット関連の商材は増えいく近年、リサーチしがいががあります。

・・そんな中、何か目新しいものはないかと物色していた我々にあるブースから声がかかりました。珍しがり・新しいもの好き・暇人と三拍子揃っている私らに、ワンコオーナーの弱み?に付込んだといえば聞こえが悪いですが・・オーナー心をくすぐる企画に、例外に洩れず我々(私とモンパ・・モンパの意思は定かではないが)は参加するはめになりました。

 「かわいいワンちゃんですね、お名前は?もしよろしかったら写真を撮ってカードを作りませんか?」女性からかわいいと声をかけられまんざらではない我々(モンパはネーちゃんに相手されるのが大好きである)は彼女の説明を聞くことに・・
 そのカードとは関西お笑いの元締め○本興行が展開しているペットクラブのカードでした。
なんでも会員登録しておくと、雑誌・テレビなどに自慢のペットが出演できるというペットタレント事務所の会員募集の呼び込みでした。 

家中や散歩道中の生活ぶりをデジカメで撮影その写真を事務所に送る・・そのできばえの良さなどが評価され雑誌などの紙面を飾ることになるといったことで、我がコがスター街道への第一歩を踏める手順となっております。

・・そして私たちは説明もそこそこに写真撮影して頂くことに・・待つこと2時間、そして写真の出来上がるまでさらに1時間待ちました。 出来上がりの写真をもらいにいくと「合格おめでと〜」とスタッフの方々が拍手?・・なに?この盛り上がり?と戸惑っていると「明後日のオーディションへの出場が決まりました」と・・何でも撮影時のモンパの態度がひじょ〜によかったと撮影カメラマンが押していたとのこと、・・・実は待ちつかれて眠たくて大人しかったのが幸いしたみたいで。 

「エエ記念になるわ」とオーデションの内容も二の次に出場を承諾した私らの頭の中は、某カードローン会社のCMに出ているモンパを思い浮かべていました。

 とにもかくにも「デルモ・モンパ」の第一歩が始まった訳でございます。

オーディション出場のきっかけとなった一枚

つづく・・・